水郷危険箇所MAP 北利根川


より大きな地図で 水郷危険箇所MAP/北利根川 を表示
(別ウィンドウで開きます)

Google Map 及び本ページの掲載内容は取材時点のものであり、復旧作業の進捗等により状況が変化している可能性があります。ご了承下さい。

【北利根橋〜新横利根閘門】(確認日:2011.4.30)

河川敷では土砂が噴出しています。川の中でも土砂が噴出している箇所があります。護岸は隆起して段差が生じている箇所あり。新横利根閘門の手すりは損壊しています。新横利根樋管横のコンクリートが隆起しています。

【新横利根閘門下流】(確認日:2011.4.30)

土手上にあった地割れは修復されています。護岸は各所で陥没や隙間、段差が生じています。水中にも隙間が生じている部分があります。また斜め護岸が川の中に大きく崩落した箇所があります。ボートやジェットスキーをトレーラーでランチングする人が多かった場所ですが、段差が生じているのでトレーラーの底を擦る恐れがあります。

【大割水門周辺】(確認日:2011.4.30)

与田浦側と同様、北利根川側も大割水路への船舶の進入は出来なくなっています。水門出口の護岸は左右ともに隆起して崩れています。水門自体は護岸のひび割れが激しかったようですが、現在はコンクリートで隙間が埋められています。但し、ここも新横利根閘門同様、両側の手すりが完全に分離しています。水門上のサイクリングロードも陥没による段差が大きくなっています。

【大割水門〜潮来大橋】(確認日:2011.4.30)

護岸の陥没や変形が大きく、それに伴って護岸の隙間や段差も大きくなっています。土手上のサイクリングロードは路面の割れ、隆起、土手との段差が大きくなっています。

【潮来大橋周辺】(確認日:2011.4.30)

橋のたもとに段差が生じ、鉄板が敷かれている。雨天時注意。橋自体も部分的に損傷している。おおよそ修復されてはいるが、付近の路面、駐車場、コンビニ敷地内など多数の地割れの痕跡がある。アスファルトと砂利面の境目に隙間が空いている場所がある。駐車する人がいるが注意が必要。

【潮来大橋〜加藤洲閘門】(確認日:2011.4.30)

土手に地割れや段差がある。草むらに隠れて見付けにくいので注意が必要。

【加藤洲閘門】(確認日:2011.4.30)

新左衛門川への船舶進入禁止。水門自体は出口の護岸の破損、手すりの分離が見られる。水門上の道路は段差が生じており、処置されていないため角が鋭い。観光船ルート案内の看板は根元が沈下し傾いてしまった。

【鹿島線〜東関東道下】(確認日:2011.4.30)

鹿島線上流側には危険箇所を示す旗があり、小規模な段差がある。六軒野排水樋管、切合水門といった水門ではコンクリートの破損、側道側には段差が生じている。

【牛堀公園】(確認日:2011.4.24)

あちこちに地割れがある。特に排水口の蓋がある周囲は隙間が大きい。テトラは数箇所崩落。ウッドデッキは工事中のため立入り禁止。

【夜越川周辺】(確認日:2011.4.24)

夜越川下流霞ヶ浦方面は路面損傷の為に通行止め

【潮来大橋下】(確認日:2011.4.24)

斜め護岸が崩落しかけており隙間が大きく開いている箇所がある

【潮来港】(確認日:2011.4.24)

一部に損壊箇所及び段差あり。特別な場合を除き一般車両の乗り入れは出来なくなっている。

【前川水門付近】(確認日:2011.4.24)

前川水門の壁面に一部崩落しかかっている箇所がある。

【鹿島線下〜霞ヶ浦河川事務所周辺】(確認日:2011.4.24)

側道は路肩付近の路面が陥没している区間がある。サイクリングロード上は大量の土砂が噴出し路面の破損も多い。霞ヶ浦河川事務所前の石碑や看板は大きく傾いており、土手へと続く階段は変形している。付近の護岸は僅かに段差が生じている。

【霞ヶ浦河川事務所下流】(確認日:2011.4.24)

側道の路面に地割れが続いている。不幸中の幸いか路面の中心であったため通行は出来る。

【関谷揚排水樋管周辺〜東関東道下】(確認日:2011.4.24)

関谷揚排水樋管裏手部分の側道は段差が出来ています。少し急角度です。護岸沿いにおいては河川敷が陥没しており、北岸では最も護岸の段差が大きい場所となっています。

【東関東道〜外浪逆浦方面】(確認日:2011.4.24)

側道沿いのコンクリート壁が一部破損していました。テトラが崩れたかどうかは見た目で判断することが出来ませんでした。